ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

リバウンド

シアワセになりてぇ

2013年08月09日 配信開始

お得なまとめ買い

第1話~第10話

1944ポイント 購入する
40%
OFF

第1話~第10話

3,240ポイント 1,944ポイント 40%OFF 30日間
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話

各話一覧

並び順

第1話

324ポイント 購入する

第1話

324ポイント 7日間 58:05

6歳の時、あるケーキ屋で運命的なショートケーキに出会った大場信子(相武紗季)は、その後ひたすら"食べることが生きがい"なデブ人生を歩み続け、22歳で体重は78キロ。しかし恋人・風見研作(勝地 涼)にフラレたことをきっかけに、1年で30キロ以上のダイエットに成功する。憧れのファッション誌「エデン」に就職も果たし、?人生これから~″と 意気込んでいたのだが…。ある日、信子の上司・「エデン」鬼編集長の森中 蘭(若村麻由美)は信子に人気ケーキ店「アンジュ」の取材に行く事を命じる。実は信子は主治医の神谷(半海一晃)からケーキ依存症と診断され、おいしいケーキを一口でも食べると止まらなくなり、元の78キロにリバウンドしてしまうのだった。しかし蘭の命令は絶対。信子はしぶしぶ親友の瞳(栗山千明)を連れ、行列のできるケーキ屋に向かった。そこで信子は運命的な出会いをし、「アンジュ」のオーナーパティシエ・今井太一(速水もこみち)に恋をしてしまう!太一の為にケーキを食べた、信子の体は…。

詳細

第2話

324ポイント 購入する

第2話

324ポイント 7日間 46:12

太一(速水もこみち)のケーキ作りを手伝い、78キロにリバウンドしてしまった信子(相武紗季)。2人で作った「愛のショートケーキ」の完成で帰京するが、「デブは絶対無理」と言われ、さらに太った信子の姿を見た太一は信子だと気づかずにバイトの子と勘違いする。本当の事を言えない信子は、咄嗟に考えた偽名・佐藤チヨコとして太一の店で働く事になる。一方信子自身は仕事が忙しいと理由を付けダイエットを決意。太一と2週間後に会う事を約束する。また雑誌「エデン」の編集長・蘭(若村麻由美)からも「死ぬ気でダイエットして記事を書け」と指令を受け、信子は水とコンニャクだけ、スクワットもしてダイエットに励む。果たして信子はもう一度スリムな体を手に入れ、太一に会うことができるのか?そして、チヨコの正体はバレてしまうのか…?

詳細

第3話

324ポイント 購入する

第3話

324ポイント 7日間 46:19

必死の努力と食欲を抑える薬の力でリバウンドから復活し、再びやせた信子(相武紗季)は、太一(速水もこみち)に会いに行く。2人の間に障害はない!と、思いきや。今度はケーキの食べすぎで太一が太ってしまったのだ!すっかりやる気を無くして、店を閉めると言い出す太一に、「愛の重さは体重とは関係ない」と、これからもケーキ作りの手伝いをすることを約束する。感激した太一は信子を抱きしめるが、好きな人に抱きしめられたのに、ときめかない自分に困惑する信子。果たして元おデブ信子は太った太一を本当に愛せるのか?

詳細

第4話

324ポイント 購入する

第4話

324ポイント 7日間 46:12

信子(相武紗季)は、元のスリムな姿に戻った太一(速水もこみち)とめでたく結ばれた。元デブ同士、太一とはイヤな思い出も赤裸々に話せる。こんな相手に出会えるなんて……と、幸せをかみしめる信子。「もう、デブには絶対戻らない」と誓い合う二人だが、実はどちらも隠れて神谷(半海一晃)の薬を1日に何錠も飲んでいた。その薬で恐ろしい副作用が起こると、ネットで話題になっているとも知らずに―――。そのころ、信子がエデンに連載している『元デブ日記』が好評を博していた。幸せモード全開の信子に蘭(若村麻由美)は「まあアンタたちみたいなバカップルはすぐに駄目になるか」と言い切る。「そんなことない、ない!」と否定する信子だが、実際に初デートで無理に太一に合わせようとしてぐったり疲れてしまう。翌日。太一は信子をいきなりある場所へと連れ出す。着いたところは―――なんと結婚式場!「ここで式やろうと思うんだけど」と言う太一に、信子はあ然とする。え?結婚?て、いやまだ何も話し合ってないし、それに私結婚しても仕事続けたいんだけど……と、言う間もなく、太一は「いつ仕事辞めんの?」と言い出した。一人突っ走る太一に、信子は頭を抱えてしまう。そして痩せた体型を維持するため、相変わらず神谷の薬を過剰に飲み続けてもいた。そんななか、信子は蘭になんとパリコレ取材に同行するよう命じられる。新人としては異例の大抜擢だ。しかし、太一と結婚したら仕事を辞めなければならない。仕事をとるか?結婚をとるか?信子の決断は一体―――?

詳細

第5話

324ポイント 購入する

第5話

324ポイント 7日間 46:23

信子(相武紗季)は、夢のパリコレ行きを諦め、辞表を出し結婚を選んだが、思いがけず、太一(速水もこみち)に「パリに行ってこい」と言われ、エデンを辞めたと言い出せなくなってしまう。親友・瞳(栗山千明)のいる家にも帰れない信子の窮地を知った元カレの研作(勝地涼)は、信子のためにホテルを用意する。実は「太ったら別れる」という信子と太一の約束を知り、信子がリバウンドして二人が別れるよう仕向けていた。信子は太一からの電話に「パリに着いた」とウソをつき「また、いつものパターンでどんどん深みにハマッていく……」と落ち込むのだった。そのころ、太一は有希(西山茉希)から「信子はパリに行っていない」と知らされる。驚く太一だが、瞳から自分への信子の思いを聞かされ必死で新しいケーキ作りに励もうとする。そんな中、蘭(若村麻由美)が急遽帰国することになった。パリの有名デザイナーとの独占取材を取り付け、記者会見を開くという。信子はもう一度エデンで働きたいと蘭に直訴するため、会場に向かう。すると会場ではデザイナーが、蘭に無茶な要求を突きつけていた。「パーティーに出された200個のケーキをエデンのスタッフが全部食べなければ、独占取材も考え直す」――。蘭とスタッフは無理矢理ケーキを食べ始めるが、とても食べ切れそうにない。次々と脱落者が出る中、諦めず食べ続けようとする蘭を見ていた信子は、太一との約束を忘れ、ケーキを手に取り――?!

詳細

第6話

324ポイント 購入する

第6話

324ポイント 7日間 46:14

再びリバウンドした信子(相武紗季)は、太一(速水もこみち)とケンカ別れしてしまった。蘭(若村麻由美)の許しを得てエデン編集部に戻れたものの、全く精気がない。蘭は信子を叱咤し、顔出しと共に『元デブ日記』連載を再開するよう命ずる。だが信子はクリニック院長の神谷(半海一晃)から、もう45㎏に戻るのは不可能だと宣告されていた……。恋愛にもダイエットにも行き詰まった信子は食欲もなく、大好きなケーキも食べられない。そんな信子に研作(勝地涼)は「太一はお前が痩せてるから好きになっただけ。俺は今のお前のままでいい」と猛アタック。女は愛する人より、自分を愛してくれる人と結婚したほうが幸せ?いっそのこと研作とヨリを戻そうか――信子の心は揺れる。一方、太一も信子と別れたショックでケーキ作りに集中できない。瞳(栗山千明)は、信子と太一を仲直りさせようとアンジュを訪れたが、反対に太一が自分の絵を褒め励ましてくれた事に驚き思わずドキドキしてしまう。そんな中、信子の母・智恵(伊藤かずえ)が家出してくる。信子は智恵から「パパに愛されるのが鬱陶しい。自分を愛してくれる人より、自分が愛した人と結婚したほうが幸せだったかも」と言われて混乱する。「幸せっていったい何?」――。「本当の幸せを見つけたい!」と願う信子が出した驚きの答えは――?

詳細

第7話

324ポイント 購入する

第7話

324ポイント 7日間 45:53

瞳(栗山千明)が太一(速水もこみち)にすがって泣くのを目撃してしまった信子(相武紗季)。「ちょっと酔っ払っていただけ」という瞳に、信子は何事もなかったように振る舞い、「わかってる」と逆に気を遣ってしまう。翌日、太一にも「信じてる」と明るく答えるが、内心穏やかではない。そんな信子の疑いを感じ取った太一は、信子が研作(勝地涼)とホテルに行ったことを持ち出し、またしても言い合い寸前になる二人……。なんとかケンカを回避した信子は、お互いの気持ちを確かめるために「あたしをイメージしてケーキを作って」と太一に頼む。しかし、信子をイメージしたケーキ作りに行き詰まった太一は瞳に助けを求める。信子を気遣ってしぶしぶ店を訪ねた瞳だが、自分の絵を本気で気に入り「店のロゴデザインを書いて欲しい」とまで言ってくれる太一に、嬉しさを隠せなかった。一方、信子は再び瞳と太一が会った事を知り疑心暗鬼になってしまう…。そんな中、蘭(若村麻由美)がモデルの有希(西山茉希)を降板させると言い出し、編集部は騒然としてしまう。またしても場を取りなそうとする信子に、蘭は「人のことを無駄にフォローする必要はない」とピシャリと言う。さらに信子と瞳の状況を聞いた蘭は、「女の友情は成立しない」と言い切り、その成り行きを『元デブ日記』に書けと命ずる。悩んだ末「やっぱり自分は太一を信じている」と思い直した信子は、太一にそう伝えようと店に行くが、そこには瞳がいた。二人のやりとりを聞くうちに信子は、瞳が太一に寄せる想いを感じ取ってしまう。瞳はこんな自分に初めて出来た親友だ。自分は友情を取るのか、恋を取るのか……?悩んだ信子はある決意をし、行動に移そうとするが――?!

詳細

第8話

324ポイント 購入する

第8話

324ポイント 7日間 46:02

瞳(栗山千明)との友情を取り、太一(速水もこみち)に別れを告げた信子(相武紗季)。だがそれを知った瞳はマンションを出て行ってしまう。大切な人をいっぺんに失ってしまった信子に、瞳の最後の言葉が響いていた。「いつも周囲に気を遣って、取り繕って、一体あんたはどうしたいわけ?」――信子は「もう "全方位外交"をやめて自分を変えよう」と決心する。そして信子は太一にも研作(勝地涼)にもすっぱりと「もう付き合う気はない」と告げる。そのころエデン編集部では、蘭(若村麻由美)がモデルの有希(西山茉希)を降ろしたことが問題になっていた。蘭は上司に呼び出され、有希のグラビアを使わないのなら辞表を出せと迫られるが、それでも自分の意志を貫き通そうとする蘭はエデンを去り、この業界から引退する事を告げる。いっぽう瞳は太一に「店に天使の絵を描いて欲しい」と頼まれる。太一はあと3つ新しいケーキを完成させて、新生アンジュとして店を生まれ変わらせようとしていた。信子にフラれたショックから懸命に立ち直ろうとする太一に瞳はドンドン惹かれていく。自分の気持ちを抑える事ができなくなる瞳…。そして、太一の力を借りて蘭をひきとめようとする信子…。二人はそれぞれアンジュへと向かうのだった。

詳細

第9話

324ポイント 購入する

第9話

324ポイント 7日間 45:37

信子(相武紗季)の父・睦己(石塚英彦)が心筋梗塞で倒れた。手術は成功したものの、睦己はすっかり元気も食欲もなくし「トントン亭を閉める」と言い出す。信子は改めてトントン亭そして父親の大切さを感じ悩むのだった――父の言うとおり豚カツ屋を閉め、東京で編集者を続けるべきか?それともトントン亭を継ぐべきか?自分はどうしたらいいのだろう。悶々とする信子に研作は「俺が会社を辞めて、豚カツ屋を継いでもいい」とプロポーズする。一方、太一(速水もこみち)も瞳(栗山千明)に「結婚してくれ」と申し出ていた。自分を好きだと言ってくれた瞳の気持ちに応えるため、そして「瞳をしあわせにしてあげて」と去っていった信子の思いに応えることでもあった――。そんな中、太一は10個のケーキを早く完成させ、新生アンジュとして再出発したいと思っていたが、中々9個目のケーキを決められずにいた。ある日、蘭(若村麻由美)から睦巳が倒れたことを聞き信子に電話をする。いつもの癖でつい「9個目のケーキを何にしたらいいかと」相談してしまうが、信子には「瞳に相談した方がいいよ」と冷たく返されてしまう。信子と太一の心は益々すれ違っていくのだった。数日後、睦己を見舞いに太一と瞳がやってくる。二人は睦己のために協力して9個目のケーキを完成させていた。仲の良さそうな二人を見て、複雑な反面ホッとする信子。そして、信子はある決断を下すのだった――。

詳細

第10話

324ポイント 購入する

第10話

324ポイント 7日間 46:05

実家の豚カツ屋「トントン亭」を継ぐと決めた信子(相武紗季)を追って、なんと研作(勝地涼)が会社を辞めて岐阜にやってきた。研作は改めて信子にプロポーズするが、やはり断られてしまう。しかし本当の愛に目覚めた研作はそれでもトントン亭を手伝いながら、信子の側にいる事を宣言する。トントン亭を早く開店させようと、信子は必死にトンカツ修行に励むがいくら作っても睦己(石塚英彦)のOKがもらえない。人に食べさせるものを作るってこんなに大変なのか……信子が苦しむ中でやさしく見守ってくれる研作の存在が次第に大きくなり、信子は研作との結婚を考え始めるのだった。そんなとき、蘭(若村麻由美)が信子を訪ねてくる。蘭は新雑誌の創刊準備を進めており、「一緒に働かないか」と信子を誘う。断る信子に蘭はトントン亭をやりながらでいいから「今デブ日記」を書き続けろと、強引に取材の為に太一(速水もこみち)の待つアンジュに連れて行く。久しぶりに顔を合わせた太一と信子は、始めこそよそよそしかったが、いつの間にか取材であることを忘れ、二人で作り上げたケーキの話に夢中になっていく。思い出を振り返るうち、二人は改めてお互いを想う気持ちの強さを再確認するのだったが、どう考えても「トントン亭」と「アンジュ」別々の道を歩むしかない。二人にはどうする事もできず、そのまま別れてしまう。そして、実家に帰った信子は研作に自分の決意を伝えようとした時、運命の扉が開く…。

詳細

キャスト

製作年 2010年 製作国   日本

これもチェック

 リバウンドを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001