教師をクビになってしまった石原参太朗(大泉洋)と、太川絹(小林聡美)、は、あと一ヶ月、院内学級が閉鎖されるまで、生徒のためにできる限りのことをしようと誓い合う。七瀬(香椎由宇)は、和田(須賀健太)の病状は依然深刻なままだと桜山(上川隆也)、幸一(羽場裕一)、石原、太川に報告する。 石原のベッドサイド授業も難しいらしい。 幸一は、緩和治療も視野に入れて、医療方針を見直したほうがいいと 忠告するが、七瀬は「私はあきらめません」と強く言い返すのだった。 そんな中、和田の病室に石原と八重樫(神木隆之介)がやってくる。 二人は和田を冗談でなごませようとするが、突然和田の気分が悪くなる。 「明日また来るから」と言う石原に、「明日なんて言わないでよ」と怒る和田。「だって明日もう授業受けられないかもしれないんだから」その言葉にショックを受けた石原と八重樫は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001