久蔵という男が秀次を訪ねてくる。 久蔵の娘はかつて秀次と恋仲で、秀次のために働いて働いてとうとう死んでしまったという。 久蔵は秀次の嘆きぶりを見て、もう恨みはないと言うが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001