平吉の小説が認められ二月号の「文人」に載る予定になった。 その小説は分田上が舞台になっており、その女将ミツ子と花板の情事を三番板前(萩原健一)が目撃してしまうという設定になっていた…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001