三郎のところへ、英輔の代理の倉田よし子が訪ねてくる。 赤坂の料亭の二番板前だった英輔は、独立して小さな小料理屋を経営していて、どうしてもお金が要るので20万円貸して欲しいと言うが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001