クラウス・バルビーという男を知っているだろうか。彼は、22歳でナチス親衛隊に所属してから、フランスで1987年に終身刑を宣告されるまでの50数年の間に、"3つの人生"を生きた。それもとびきり残虐で欺瞞に満ちた人生を―。第1の人生は、"リヨンの虐殺者"の異名を持つナチス・ドイツのゲシュタポとして。第2の人生は、戦後のヨーロッパでアメリカ陸軍情報部のスパイをしていたエージェント・バルビーとして。第3の人生は、南米ボリビアで軍事政権を誕生させ、チェ・ゲバラの暗殺を企てたクラウス・アルトマンとして。カメラは、バルビーの被害者、家族、CICメンバー、歴史学者らの証言や、貴重なアーカイブ映像を通して彼の足跡を追い、やがて驚くべき真実に辿り着く。力強いストーリーテリングとスリラーさながらの緊迫感溢れる展開で、今なお続く"戦後"の闇をあぶり出す、衝撃のドキュメンタリー。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001