小田原にて豊臣秀吉が徳川家康によって討たれたことは日ノ本中に知れ渡った。大坂城に戻った石田三成は失意の中、徳川家康への復讐を誓う。一方、秀吉を討った家康は甲斐・武田への侵攻を開始。迎え撃つ、武田軍だったが、戦場の真田幸村と佐助は、足並みのそろわない武田軍に、違和感を感じていた……。その頃、三成に敗れた伊達軍は、豊臣軍の追撃を逃れる為、軍神・上杉謙信の越後に足を踏み入れてしまうのだった……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001