雑賀衆と契約を結んだ前田慶次は、行方知れずのまつを探すため動き始める。その頃、甲斐を飛び出した真田幸村が向かった先は、軍神・上杉謙信のいる越後。一方、伊達政宗は、石田三成を目指し、大坂へ向かっていた。だが、その道の先には幸村の上田城があった……。かたや徳川家康は、小早川秀秋と絆を結ぼうと会いに向かう。その事は、すぐに石田三成の知るところとなり、三成もまた、小早川の元へと向かうのだった。再燃する激情、さらなる激突の予感…!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001