三成に続き、家康にも敗れ、失意の政宗を立ち直らせるため、小十郎は、政宗に初陣の際に誓った決意を思い出させる。一方、幸村もまた、かつて佐助に誓った決意を胸に西軍合流のため大坂城へと向かう。かたや長曾我部元親は黒田官兵衛の鍵を見つけ出す為に、鶴姫の元へ。その頃、地下牢に囚われたお市は、徳川家康の血塗られた宿命を見る。徳川家康、石田三成、避けることのできない決戦に向け、東西両軍の陣営が固まりつつあった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001