文化祭の手伝いをする交換条件として、相談に乗ってほしいと言う美術部の絵美。相談とは、隣のオカルト研究会の迷惑行為をやめさせることだった。梨乃はオカルト研究会の真理を非科学的だと否定するが、真理の催眠術にあっさりかかってしまう。心の一番純粋な部分までも引き出された梨乃は、甘えん坊モード炸裂になって勇樹に抱っこをせがんだりして…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001