滋悟郎はカネコの命日に柔へ昔話をする。若き日の彼は上京して憧れの先生の道場を訪ねるがすでに亡くなっており、その娘のカネコとともに道場の立て直しを目指した。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001