松田は、柔が柔道をやめる意思なのを風祭とさやかに伝える。柔からその意向を聞いた富士子は何とか思いとどめようと思い、あるアイディアを思いつく。かたや本阿弥家に囲われた虎滋郎は曖昧な態度を続ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001