柔と再戦した藤堂は、投げに来られたときに送り襟締めに入ろうとするが、大内刈りで返されてまたもや敗戦。準決勝では小田真理が化粧に時間をかけすぎて試合に間に合わず、今日子が代わりに先鋒を務める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001