左肩を痛めた富士子を欠いて決勝を戦う三葉女子柔道部。相手の先鋒が得意とする支釣込足の対策を行うが、実力の差はいかんともしがたい。一気に四人が抜かれ、柔ひとりが残ってしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001