花園の従弟である小学生の俊彦は柔道チームに入っていた。だが弱小でかつ選手たちのモチベーションも低い。紅一点の真由美のみ頑張り屋だが、しかしコーチだった父が入院中。幼なじみの純二も本阿弥グループの組織する柔道クラブに移っており、その彼に真由美は試合で一本負けを喫する。よりやる気をなくす男子たちだが、ただラーメン屋のチョロが相手チームのメンバーにボコボコにされたのをきっかけにして奮起。(俊彦のみならず残りの逸郎や裕次郎も結束し)真由美を指導していた柔はチーム全体のコーチを務めることになる。その状況を滋悟郎から聞いた松田は、柔とさやかの代理戦争だと取材を決意。そしてチームはリベンジを目指す試合の日を迎える。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001