フミコは原宿のモデル事務所所属しているが、モデルとしての将来に不安を感じていた。マネージャーに「女優」の道を勧められ、演技のワークショップに通うことに。講師に「人間に興味がない奴は役者になれない」と突き放されたフミコは、ひょんなきっかけから便利屋のバイトをすることになる。
便利屋の仕事で"復縁"ビジネスを請け負うことになり、様々な"復縁"をコーディネイトいるうちに、次第に"人間を扱う"この仕事が楽しくなっていく。
いつも中途半端に物事を放棄してきたフミコにとって、「いろんな人間の生き様を観察すること」はフミコ自身の考えに影響していった。そしてそんなフミコに転機が訪れる―

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001