黄巾党と呼ばれる太平道の信者たちの反乱に、朝廷は、何進を大将軍に据えて対抗しようとした。何進の元には、袁紹ら各地の将軍たちが集結。百名の兵を従えてやって来た曹操は、朝廷から三千の兵を与えられ、最激戦地・潁川で戦うよう命じられた。進軍の途中、曹操は、黄巾党の兵が占拠する砦を発見。その戦力を見るため攻撃を仕掛けた曹操は、一見無秩序に思えた敵の戦術にア然となった…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001