#4

 
新一(藤原竜也)は自分のニセモノを演じる川野瀬(遠藤要)に会い、「自分の人生を買い戻したい」と持ちかける。川野瀬は400万で新一に「業者」を紹介した。その業者は「ガキの使い」を名乗っていた馬場(小市慢太郎)だった。さらに馬場は新一を五木(志尊淳)の元に案内。「お前が全部仕組んでいたのか?!」と激高する新一だが、逆に五木から「先輩、早苗(二階堂ふみ)のこと、本当にわかっているんですか?」と問われ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001