秋葉原で生まれ育った主人公ミナノ(滝沢乃南)の1日は、JR秋葉原駅の売店で飲むフルーツ牛乳から始まる…
そんなある朝、いつものように売店でフ ルーツ牛乳を注文すると「ミナノちゃん!」と呼ぶ声がする。なんと!反対側のホームで手を振る姿は、小学校4年生まで同級生だったカナコ(前田綾花)だった。
小学校の頃、いじめにあっていたカナコは、知的障害だった為に5年生から特殊学級に編入して入った。その奇妙に歪んだ笑顔には青い痣がある。
8年ぶりの再会は、切ない物語の幕開けだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001