#2

 
暗殺されそうになった上、入宮できないことに不満を抱いた趙政は宮殿の前でひざまずいて懇願。商公の取り計らいで趙姫と趙政は入宮が許され異人と再会する。これにより呂不韋が宰相に任命され、趙姫と楚姫が王妃となる。趙政は異母弟のセイキョウに対面。取っ組み合いに負けてしまう。王の異人は母親の華陽夫人に脅される形で咩霊を後見人として楚姫を王后とする詔(ミコトノリ)を…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001