#9

 
モウゴウ亡き後、自ら元帥に志願するセイキョウ。贏政は、華陽夫人がセイキョウを利用して謀反を企てることを懸念し、呂不韋にその阻止を命じるが、贏政の意に反し、セイキョウを元帥の座に就ける。戦場に赴いたセイキョウであったが、樊於期の意見に耳を貸さず、窮地に陥る。援助に向かった咩霊は襲撃を受ける。ついにこの時を待っていたとばかりに、咩霊は贏政の出生にまつわる事の顛末をセイキョウに打ち明け…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001