#16

 
趙姫への処分を批判する上奏文が次々と届くため、贏政は上奏が却下された場合は油釜に入れると命じたが、呂不韋が割って入り事なきを得る。一方、治水事業のため韓国から来た鄭国らだが、実は秦の国力を消耗させるのが目的だったことが発覚、贏政は韓王の使節の面前で「秦国が最初に滅ぼすのは韓だ」と豪語する。元服後、忠告に耳を傾けず、権威をふるう贏政の姿に呂不韋は…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001