#17

 
六国出身の役人に 国外退去を命じる「追放令」が出された。側近の李斯も追放の対象となるが、繚子の提案で上奏文を提出。贏政は追放令を廃止する。陰謀の罪で捕まっていた鄭 国は贏政を説得し、引き続き水路の建設を任される。贏政は洛陽を訪れ、呂不韋に秦の巴蜀へ移るよう命じるが、呂不韋は自ら命を断つ。阿若を王妃にした贏政 は、夫婦の契りを結ぶ。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001