#25

 
陵(ミササギ)の建設が進み、秦軍と同じ数の兵俑を作らせて、冥界でも帝王に君臨しようとする贏政。一方、皇帝暗殺をもくろむ高漸離は、贏政に近づくため趙成の前に現れ、自ら捕らわれの身となる。高漸離は筑の才能を買われて死罪を免れ、皇宮の楽師になるよう言わるが、筑を演奏すると見せかけて贏政を暗殺しようとしたため殺される。烏三更はいわれのない嫌疑をかけられ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001