#29

 
扶蘇に疎まれ続けた阿然は実家に戻ることを決意する。娘の失礼を詫びに来た李斯に対し、扶蘇は本心を伝え、過去のわだかまりが解けたかに見える。期限を過ぎても過酷な労役を強いられた范杞良は変わり果てた姿で家に逃げ帰るが、すぐに連れ戻される。黎漢は贏政の寵愛を受ける緑娘を忘れることができずに言い寄るが、その様子を趙成が見ている。王綰と扶蘇の協力を得て…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001