#30

 
咸陽に学館街が建設され、儒者たちの弟子が集まる。贏成は彼らと儒者を敬愛する扶蘇を味方につけて、封建制度の実現をもくろむ。外で男を誘惑していた罰として、趙高は緑娘を拷問する。その後、黎漢が助けに来るが、緑娘は自害をする。贏政の誕生日の宴に、儒者たちが一同に会した。その席で淳于越が「封建制を廃すると国が短命に終わる」と意見するが、贏政は…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001