港で船漕競争ハーリーの準備をしている海人達をみて、季節を感じるカナイとクレアだが、「沖縄を勉強するために、本土へ行く」クレアの言葉からぎこちない雰囲気になってしまう。回復しつつニライも自分の不甲斐なさに苛立っていた。「チルダイ森に修行に行く」というニライを制止できず何が何だかわかなくなっているカナイの前に、現れたマジムン。「正々堂々、ハーリー競争しようぜ」

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001