偶然ラサの木陰で僧侶タシさんと出逢ったイザベネ。タシさんの自宅に招かれるとそこには法王ダライ・ラマ14世の写真。翌日また会うと約束をして、それまでに西チベットの民族の踊りの輪に参加したりプールで泳いだり自由奔放なイザベネ。しかし別れは来る。ラサを離れるイザベネとの別れにタシさんは出逢いと別れの意味を持つ白い絹(カダ)を肩に掛けてくれる。涙の止まらないイザベネ。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001