シリーズ初の海外取材を敢行!!台湾の基隆の鬼屋、民雄鬼屋、そして日本では霊峰・富士の樹海探索、廃墟ホテル・ロンドンを突撃取材!

【国内・ホテルロンドン】
前回のシリーズで取材した「ホテル活魚」に似た雰囲気を持つこのホテルは、中部地方でも屈指の心霊スポットとして有名な場所である。ここでは、ビデオ撮影中に扉の隙間から女性の人影が写る、室内でラップ音がする・・・等の証言が後を絶たない。噂の真相を確かめるべく、北野誠と心霊探偵団が突入するが・・・。
【国内・富士の樹海】
前回のシリーズでも取り上げる予定であったが、一面の冬景色で撮影を断念したといういきさつがあった。今回は満を持しての撮影である!毎年数多くの自殺者が樹海に入るが、その中にはいまだに人に発見されないまま霊となって彷徨う魂もあるという。今回、北野たち心霊探偵団の見つけたものは・・・。
【台湾・基隆の鬼屋】
台湾ではいわゆる心霊スポットのことを"鬼屋"というが、ここ基隆の鬼屋はなんと繁華街の一角に建つ。第二次大戦の日本軍侵攻の際に一番被害が出たという場所で台湾でも有数のスポットとされている。さらに、ここには死んだ人間から電話がかかってくるという公衆電話がある。その公衆電話に北野が挑む!
【台湾・民雄鬼屋】
台湾・民雄鬼屋・・・今回の最大の目玉であるこのスポット。西浦和也と監督が春にロケハンに来た際に発見した最恐のスポットである。台湾でも有名な一族の屋敷であるが、戦時中の事故から一族は離散。そして廃墟となっていたのだ。一行は、この一族の先祖のために建てた寺を発見。異様な雰囲気の中、探偵団に最恐最悪な災いが起こる・・・!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001