ベガの別荘では、意識を失ったリュウが実験室中央の拘束台に寝かされていた。
彼のこめかみ近くには、ハイテクマシンへとつながれていた。
それはリュウを思い通りに操れる"サイバーチップ"を埋め込むための機械だった。
その頃、テレビでは銅昴が事故死したというニュースを映していた…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001