ツンウーはチンフェイに告白するが、亡くなった婚約者を忘れられないチンフェイは苦悩し…。一方、シャオユイは再びチンフェイに成りすましてリー家で暮らしはじめるが、イーテンの母イェンを、ハオリンの人生をダメにした張本人だと責めてしまい…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001