皇太子は、服を修復できなかったら、涵香を自分のものにするという条件をつける。涵香は破れた服の生地が宮廷にしかないと言われ途方に暮れるが、格泰が生地を送り、事なきを得る。入宮し司衣庫に仕えることになった涵香は、春竹の靴が皇太子妃にあたった事件に巻き込まれ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001