涵香を妬む雪雁は、涵香が休んでいる間に、旗袍の牡丹の絵柄を、宮廷の禁忌である芍薬に書き換えてしまう。皇太后は芍薬の刺繍が入った旗袍を見ると卒倒し、激高した皇帝は司衣庫の責任者である司庫に斬首を言い渡す。一方、皇太子妃は芍薬の旗袍を作ったのが涵香だと知ると…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001