司庫は、以丹の玉蝴蝶を涵香が持っていたことから、涵香の両親を訪ね、涵香を養うことになった真相を聞き出す。以丹が双子を出産したと聞いた司庫は、つがいの玉蝴蝶の片方は双子のもう一人の手にあると考える。その頃、涵香は格泰が自分と同じ玉蝴蝶を持っていることを知って驚き…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001