両親から出生の秘密を聞き、自分が以丹の娘であると知った涵香は、真実を受け入れられずにいた。司庫は、涵香につがいの玉蝴蝶を持つ格泰とは双子の可能性があると告げる一方で、災いから逃れるために自分の出生も隠し通しなさいと話す。涵香は実の母を殺した犯人を探しだすことを誓うが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001