相手役に不満を持つヤナンを見るに見かねて、ジャハオはルルをヒロイン役に起用して練習を進める。しばらくしてヤナンがヒロイン役に復帰するが、今度はクライマックスのキスシーンが、当時の中国の考え方に合わないとジャハオに疑問を投げかけ、演技をやめてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001