ジャハオはヤナンに告白しようとするが、突然の停電によってうやむやになり、その時、偶然にもドゥアンが祖母と全く一緒の銀のネックレスを持っていることを知る。ジャハオはドゥアンが自分の祖母を捨てた金銀細工師ではないかと疑い始め、ヤナンへの告白も喉に押し込んでしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001