ジャハオとヤナンの関係をよく思っていないドゥアンは、ヤナンに北京の大学で舞踏を学ぶことを勧めるが…。一方、ダーションは家業を手伝うようウェンを説得するが、ウェンは料理のコンクールに出るために今は手伝えないと返答する。怒ったダーションは、ウェンの選択を応援するケビンを、息子に悪い影響を与えていると罵倒し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001