昭和39年に60ヘルツ用481系が登場して以来、四国を除いた全国の幹線で活躍し、特急列車の近代化に貢献をしてきた485系。そして、昭和47年より485系で活躍し、昭和57年の上越新幹線開業まで上野~秋田・青森間を結び、首都圏と東北地方の日本海側への重要な足を担ってきた「いなほ」号。平成26年7月11日定期運用を終了する前に収録した貴重な映像の中から、(いなほ全面展望村上~越後寒川駅)をご紹介。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001