政治に文化に貴族たちが大活躍していた平安時代。貴族たちは厳しい身分階級に分けられ、しれつな出世争いをくり広げていた。藤原家の5男として生まれた藤原道長(ふじわらのみちなが)は、幼い頃に母猫のお乳をめぐっても競争、成長して宮仕えに出ても競争に明け暮れていた。下の方の階級にいた道長は、来る日も来る日もカリカリばかり食べる生活から、いつか美味しい魚を食べられるようになりたいと願う。がんばれ!道長!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001