幕府と朝廷が対立していた鎌倉時代末期、足利尊氏(あしかがたかうじ)は北条高時に後醍醐天皇を倒すよう頼まれる。しかしどっちを倒すのかわからなくなった尊氏は、逆に北条高時を倒してしまう。後醍醐にほめられた尊氏だったが、調子に乗って「征夷大将軍」とアドバルーンを上げて勝手に名乗ると、怒った後醍醐に九州まで追いつめられることに。弟と京に攻め上ることにしたのだが、今度は敵と味方の区別がつくのか、尊氏!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001