戦国時代、尾張の大うつけこと弱小大名の織田信長(おだのぶなが)の元に、“海道一の弓取り”と言われた大大名の今川義元(いまがわよしもと)が攻めてくることになった。焦る家臣たちを尻目にサルと遊んでばかりいる信長。やがて義元の大軍が信長の最前線の砦を攻め落としてしまう。ようやく信長軍は動き出したが、猫が大嫌いな雨が降り始め、両軍ともにやる気を無くしてしまう。歴史に残る戦いの行方やいかに?!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001