男たちが戦いに明けくれる戦国時代、女たちも嫁入りという戦いをくり広げていた。信長の妹のお市(おいち)は浅井長政の元にお嫁にいくことになった。三姉妹を生んだお市だったが、夫の長政は信長に滅ぼされてしまう。その後お市は、新たに柴田勝家の元に嫁ぐのだが、今度はサル(秀吉)に滅ぼされてしまう。サル(秀吉)によって引き取られた三姉妹は、嫁ぎ先を決める新たなる戦いに巻き込まれるのであった!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001