娘のまりあは、日々研究に明け暮れる父親の元へお弁当を届ける父親想いの優しい子だったが、ある日突然交通事故で亡くなってしまう。人工知能や人工臓器を専門に研究していた父親は、1から人体のバイオマテリアルを合成し、一体のアンドロイド作成に成功する。「命」「自我」となるコアを胸に取り付けると「MARIA」が起動し・・・アンドロイドとして生きるMARIAだが・・・MARIAが作られた真の意味とは?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001