殺された徐翔の父親。仇をとるよう懇願した母親の言葉通り、感情無く匪族にとどめをさした宝宝。徐翔の目に映ったのは、恐ろしい光景だった。匪族から村を守った宝宝であったが、村人からは化物扱いされて村に居れなくなってしまう。徐翔と離れ一人山奥に残された宝宝は、数年後に家族を探しに行く事を決意し、一人孤独に生きて行く。そんな中、宝宝が写った写真を見つけた徐翔。数十年ぶりに見た宝宝の姿は、当時と全く変わっていない。街に出た宝宝が巻き込まれた事件とは?その時徐翔が取った行動は?異人たちの世界に巻き込まれ、過去の真実を知った楚嵐はどうするのか?それは過去から続く運命。彼の行く末はいかに……

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001