人気グラビアアイドルとしての活動以外に、官能小説家としての一面もある今野杏南が意外な悩みを告白。しかし話は何故か官能小説の朗読会という意外な方向に進んでいき、ラストは今野杏南も絶句する事実が発覚し…!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001