ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り シリーズ一覧

母をたずねて三千里

おかあさんにあうまで、
ぼくはあきらめない。

第1話 いかないでおかあさん

無料 視聴する
無料

第1話 いかないでおかあさん

無料 25:48

イタリアのジェノバに住む9才の少年マルコは、日曜日の朝、家族で出掛けるピクニックに心弾ませる。だが、それが遠いアルゼンチンへと出稼ぎに行く母親アンナとの最後のひと時である事を、マルコはまだ知らなかった・・・。

詳細

2008年10月17日 配信開始

お得なまとめ買い

第2話~第52話

4406ポイント 購入する
20%
OFF

第2話~第52話

5,508ポイント 4,406ポイント 20%OFF 40日間
  • 第2話 ジェノバの少年マルコ
  • 第3話 日曜日の港町
  • 第4話 おとうさんなんか大きらい
  • 第5話 なかよしエミリオ
  • 第6話 マルコの月給日
  • 第7話 屋根の上の小さな海
  • 第8話 ゆかいなペッピーノ一座
  • 第9話 ごめんなさいおとうさん
  • 第10話 かあさんのブエノスアイレス
  • 第11話 おかあさんの手紙
  • 第12話 ひこう船のとぶ日
  • 第13話 さよならフィオリーナ
  • 第14話 マルコの決意
  • 第15話 すすめフォルゴーレ号
  • 第16話 ちいさなコック長
  • 第17話 赤道まつり
  • 第18話 リオの移民船
  • 第19話 かがやく南十字星
  • 第20話 おおあらしの夜
  • 第21話 ラプラタ川は銀の川
  • 第22話 かあさんのいる街
  • 第23話 もうひとりのおかあさん
  • 第24話 待っててくれたフィオリーナ
  • 第25話 ペッピーノ一座大あたり
  • 第26話 草原へ
  • 第27話 フィオリーナの涙
  • 第28話 バルボーサ大牧場
  • 第29話 雪がふる
  • 第30話 老ガウチョ カルロス
  • 第31話 ながい夜
  • 第32話 さようならといえたら
  • 第33話 かあさんがいない
  • 第34話 ジェノバに帰りたい
  • 第35話 おかあさんのなつかしい文字
  • 第36話 さようならバイアブランカ
  • 第37話 はてしない旅へ
  • 第38話 かあさんだってつらいのに
  • 第39話 ばら色のよあけロサリオ
  • 第40話 かがやくイタリアの星一つ
  • 第41話 かあさんと帰れたら…
  • 第42話 新しい友達パブロ
  • 第43話 この街のどこかに
  • 第44話 ファナをたすけたい
  • 第45話 はるかな北へ
  • 第46話 牛車の旅
  • 第47話 あの山の麓にかあさんが
  • 第48話 ロバよ死なないで
  • 第49話 かあさんが呼んでいる
  • 第50話 走れマルコ!
  • 第51話 とうとうかあさんに
  • 第52話 かあさんとジェノバへ

各話一覧

並び順

第1話 いかないでおかあさん

無料 視聴する
無料

第1話 いかないでおかあさん

無料 25:48

イタリアのジェノバに住む9才の少年マルコは、日曜日の朝、家族で出掛けるピクニックに心弾ませる。だが、それが遠いアルゼンチンへと出稼ぎに行く母親アンナとの最後のひと時である事を、マルコはまだ知らなかった・・・。

詳細

第2話 ジェノバの少年マルコ

108ポイント 購入する

第2話 ジェノバの少年マルコ

108ポイント 2日間 25:44

母の旅立ちから、はや1年が経っていた。今日は、鉄道学校へ行っているマルコの兄・トニオが久し振りに帰ってくる日だ。船会社のジーナおばさんから、母から送られた手紙を受け取るマルコ。マルコは、手紙を配達する仕事を引き受ける事を思い立つ。

詳細

第3話 日曜日の港町

108ポイント 購入する

第3話 日曜日の港町

108ポイント 2日間 25:45

マルコは、ジーナおばさんから、急ぎの手紙の配達を頼まれる。今日は皆で海水浴の予定だったが、急げば午前中に終わると、マルコは初仕事に駆け出した。午後を回ってようやく戻ったマルコ。ようやく、マルコの楽しい1日が始まる。

詳細

第4話 おとうさんなんか大きらい

108ポイント 購入する

第4話 おとうさんなんか大きらい

108ポイント 2日間 25:45

マルコは早く一人前の仕事をして、母が家に帰れる事に役立ちたかった。だが父は、いつも自分を子供扱いして話を聞いてくれない。ある時、同級生のエミリオが、病で倒れている母親に替わって家計を助けるため、学校をさぼって働いていた事を知る。

詳細

第5話 なかよしエミリオ

108ポイント 購入する

第5話 なかよしエミリオ

108ポイント 2日間 25:45

マルコはエミリオに、瓶洗いのジロッティさんを紹介してもらい、学校が終わった後、瓶洗いの仕事を始める。ある日父ピエトロが、世界地図を買ってきた。思わぬ贈り物に喜ぶマルコ。それは父と子の想いが久し振りに触れ合った一時であった。

詳細

第6話 マルコの月給日

108ポイント 購入する

第6話 マルコの月給日

108ポイント 2日間 25:45

母が不幸に見舞われる夢を見たマルコ。夜明け前、入港する定期船の汽笛を聞いたマルコは港へ走る。ところが、定期船の船荷に母からの手紙は無い。マルコは母の身を案じる。瓶洗いの給料がでた日、マルコの家の引っ越しが決まった。

詳細

第7話 屋根の上の小さな海

108ポイント 購入する

第7話 屋根の上の小さな海

108ポイント 2日間 25:46

新しい家は、海もわずかしか見えず、マルコは落胆する。屋根を伝って海が見える建物まで行こうと考えたマルコは、ある家で人形を操っている女の子・フィオリーナに出会った。海を見つめながらマルコは彼女に「友達になれるよね」と語りかける。

詳細

第8話 ゆかいなペッピーノ一座

108ポイント 購入する

第8話 ゆかいなペッピーノ一座

108ポイント 2日間 25:47

人形芝居のペッピーノ一座の踊りに飛び入り参加した、マルコの飼っている猿のアメディオは、客の喝采を浴びる。ペッピーノはお礼にと、マルコを夕食に招待し、マルコの心情を知ると、軽率にもアルゼンチンへ連れて行ってくれると大袈裟に言うのだった。

詳細

第9話 ごめんなさいおとうさん

108ポイント 購入する

第9話 ごめんなさいおとうさん

108ポイント 2日間 25:47

父の親友の医師・サンドロを案内するため、マルコが病院に行った時、重体の患者が運び込まれてきた。父は、新しい治療方法の輸血を自らの体で試みる。そこで父の仕事の大変さを知ったマルコは、母が帰ってくるまで父と暮らそうと決心する。

詳細

第10話 かあさんのブエノスアイレス

108ポイント 購入する

第10話 かあさんのブエノスアイレス

108ポイント 2日間 25:46

風邪をおして街頭に出たペッピーノ一座のコンチェッタは、せき込み倒れやがて病状も悪化してしまう。しかし一座には医者を呼ぶお金もない。通り掛かったマルコは、苦しむコンチェッタ、そして熱を出したペッピーノのために診療所に相談に行く。

詳細

第11話 おかあさんの手紙

108ポイント 購入する

第11話 おかあさんの手紙

108ポイント 2日間 25:47

フィオリーナは、病気で療養中のペッピーノとコンチエッタの代わりにひとり人形芝居に取り組む。そんな彼女をマリオネットで励ますマルコ。やがて起こる客たちの歓声。全てが上手く行ったその矢先、マルコは母が病床にある事を知らされる。

詳細

第12話 ひこう船のとぶ日

108ポイント 購入する

第12話 ひこう船のとぶ日

108ポイント 2日間 25:47

マルコが再びアルゼンチン行きを考え始めていた頃、エミリオが飛行船の興業にアイスクリームを作って売ろうと持ち掛けた。アイスクリームは飛ぶ様に売れる。そして彼は、アルゼンチン行きの移民船の乗り込みを、レナートに頼んでくれるのだった。

詳細

第13話 さよならフィオリーナ

108ポイント 購入する

第13話 さよならフィオリーナ

108ポイント 2日間 25:47

フィオリーナは、マルコも一緒にアルゼンチンに行けると嬉しそうだった。だがレナートは、最初から金を騙し取る目論見で、約束は無情にも破られてしまう。そして、マルコはペッピーノ一座の旅立ちの時、母への手紙をアメディオに持って行かせる。

詳細

第14話 マルコの決意

108ポイント 購入する

第14話 マルコの決意

108ポイント 2日間 25:47

マルコは父に、1週間前の移民船に乗るつもりだった事を明かす。父は自分が現地へ行くべく、診療所の仲間の医師たちに相談する。その頃、商船フォルゴーレ号の水夫・ロッキーと知り合ったマルコは、翌朝出港するフォルゴーレ号への密航を決意。

詳細

第15話 すすめフォルゴーレ号

108ポイント 購入する

第15話 すすめフォルゴーレ号

108ポイント 2日間 25:47

マルコの密航は、コック長のレオナルドに発見される。マルコは、乗せていってくれるよう必死に頼む。そのマルコの熱心さにレオナルドは心を動かされる。引き取りにやってきた父もマルコの決意の固さを知り、遂にアルゼンチン行きを許可する。

詳細

第16話 ちいさなコック長

108ポイント 購入する

第16話 ちいさなコック長

108ポイント 2日間 25:47

母思いの健気さに心打たれたコック長の元で炊事係の一員として働く事になったマルコ。ロッキーは、マルコに船の生活や習慣、自分の小さかった頃の話をする。気の良い水兵に囲まれ、マルコの新しい生活が始まったのだ。

詳細

第17話 赤道まつり

108ポイント 購入する

第17話 赤道まつり

108ポイント 2日間 25:48

マルコも次第に船での生活に慣れ楽しい旅が続いていた。そんなある夜、船の赤道通過を祝した赤道祭が行われた。マルコを驚かせようとしたロッキーたちの目論見は不発に終わるが、母に仮装したチェーザレの姿に、マルコは心をかき乱される。

詳細

第18話 リオの移民船

108ポイント 購入する

第18話 リオの移民船

108ポイント 2日間 25:48

フォルゴーレ号はリオデジャネイロに着いた。だが、現地へ着くと、マルコが乗るはずの貨物船は故障で、出航は10日後になるという。レオナルドとロッキーは港でブエノスアイレス行きの船を探し続け、ついに見つける。

詳細

第19話 かがやく南十字星

108ポイント 購入する

第19話 かがやく南十字星

108ポイント 2日間 25:47

マルコは、船内の疲れ果てた人々の姿に驚いた。船は病人続出のため、リオに立ち寄っていたのだった。船内は至る所人が埋め尽くし、食事もひどいものだった。そんな中、マルコは、親とはぐれて泣いている小さな男の子・ニーノと出会う。

詳細

第20話 おおあらしの夜

108ポイント 購入する

第20話 おおあらしの夜

108ポイント 2日間 25:48

リオを出航して6日目の事、天候が一変、雨が降り出して、移民船は瞬く間に嵐の暴風圏に突入してしまう。強風と波は容赦なく船を襲った。船は嵐にもまれ大きな損害を受けたが、乗客は互いに励まし合い嵐を乗り切ったのだった。

詳細

第21話 ラプラタ川は銀の川

108ポイント 購入する

第21話 ラプラタ川は銀の川

108ポイント 2日間 25:48

母さんは死んだんだ、母さんは死んだんだよ。恐ろしい夢の中で見知らぬ人々にそう囁かれたマルコは船員に早くブエノスアイレスへと狂ったように頼む。白く濁った広がる水平線、ここはもうアルゼンチン第一の川、ラプラタ川。

詳細

第22話 かあさんのいる街

108ポイント 購入する

第22話 かあさんのいる街

108ポイント 2日間 25:46

移民船はブエノスアイレスへ入港した。だが、母の消息を知るはずのメレッリは夜逃げして行方不明だった。メレッリをバイアブランカで見たという話を聞いたマルコ。しかし汽車に乗ろうとした時、持ち金を全てスリに取られていた事に気が付いた!

詳細

第23話 もうひとりのおかあさん

108ポイント 購入する

第23話 もうひとりのおかあさん

108ポイント 2日間 25:48

持ち金全てを失い、途方に暮れるマルコ。しかも移民局で、行き倒れになったアンナという女性がいると聞き、愕然となる。病院を尋ねたマルコが出会った母さん、それはマルコの母とは別人だった。だが病に苦しむ姿が母の姿に重なるのだった…。

詳細

第24話 待っててくれたフィオリーナ

108ポイント 購入する

第24話 待っててくれたフィオリーナ

108ポイント 2日間 25:48

母の消息は、マルコの必死の思いとは裏腹に一切が不明だった。一方、ペッピーノ一座を見たという話を聞き付け、マルコは公園や市場を捜し回る。そして、疲れて公園のベンチでマルコが眠っていたその時、フィオリーナはマルコを見つけたのだった。

詳細

第25話 ペッピーノ一座大あたり

108ポイント 購入する

第25話 ペッピーノ一座大あたり

108ポイント 2日間 25:48

マルコと一緒にペッピーノ一座もバイアブランカに行く事になった。その晩、ペッピーノ一座の公演は大当たり、ペッピーノ達はフォスコの店で働かないかと誘われるが、あくまでマルコの為にバイアブランカまで旅をすると言って断るのだった。

詳細

第26話 草原へ

108ポイント 購入する

第26話 草原へ

108ポイント 2日間 25:48

ペッピーノが手に入れてきた馬車に乗って、いよいよバイアブランカへの出発の日がやって来た。アンデスの大草原へ馬車は乗り出す。そこには心をうつ、素晴らしい光景が広がっていた。途方も無く雄大で美しい大自然に息を飲むマルコたち。

詳細

第27話 フィオリーナの涙

108ポイント 購入する

第27話 フィオリーナの涙

108ポイント 2日間 25:47

ペッピーノはマルコの身上をモデルにした人形劇をやろうと思い付く。だが、その出し物はフィオリーナにとって、現実のマルコの姿を想起させずにはおかなかった。稽古のさ中、母を叫ぶマルコ役のフィオリーナは、感極まって泣き出してしまう。

詳細

第28話 バルボーサ大牧場

108ポイント 購入する

第28話 バルボーサ大牧場

108ポイント 2日間 25:47

マルコがモデルの人形劇を催すペッピーノは、更なる感動を呼びこもうと、あろう事か槍で母を殺してしまう。無情な結末にフィオリーナの心は張り裂けんばかりだ。コンチェッタは、もうマルコの母は、彼だけの母ではなくなっている事を訴えた。

詳細

第29話 雪がふる

108ポイント 購入する

第29話 雪がふる

108ポイント 2日間 25:47

ブエノスアイレスを出て早10日。水もなくなり、雪もふってきた。ようやく見つけた民家の明かりを目指す一行。明かりの家は草原に暮らす人老ガウチョ・カルロスの家だった。暖かい料理と素晴らしい音楽に迎えられ、生き返る思いの一行だった。

詳細

第30話 老ガウチョ カルロス

108ポイント 購入する

第30話 老ガウチョ カルロス

108ポイント 2日間 25:47

カルロスに助けられた翌朝、マルコたちが目を覚ますと、彼は馬車を修理してくれたのだ。一行は、イタリア料理の旅館に行くが、飲んでいたオルテガがからんできて、コンチェッタに踊りを強要する。銃を抜くペッピーノ。これにナイフで迫るオルテガ。

詳細

第31話 ながい夜

108ポイント 購入する

第31話 ながい夜

108ポイント 2日間 25:48

ペッピーノたちは、屋根の落ちた廃屋で一夜を明かす事になった。そんな折、突然ピューマと出くわしてしまう。真夜中にみんなが襲われでもしたら大事だ。二人は、みんなに心配かけまいと、この事を秘密に夜通し寝ずの番をする事にした。だが…。

詳細

第32話 さようならといえたら

108ポイント 購入する

第32話 さようならといえたら

108ポイント 2日間 25:48

バイアブランカはもう目前だ。一行の前に、イタリア移民のシルバーニ一家の馬車が現れた。マルコの事を聞くに及び、バイアブランカのモレッティさんを尋ねたらと紹介してくれた。マルコもフィオリーナも、別れの時が迫っている事を感じていた。

詳細

第33話 かあさんがいない

108ポイント 購入する

第33話 かあさんがいない

108ポイント 2日間 25:48

ようやくバイアブランカの街へ到着したマルコたち。マルコは宿に落ち着くと、早速モレッティの家を尋ねる。だがマルコは、モレッティから母と叔父の行方は分からず、既に亡くなっているかもしれないと聞かされ、ショックを受ける。

詳細

第34話 ジェノバに帰りたい

108ポイント 購入する

第34話 ジェノバに帰りたい

108ポイント 2日間 25:48

マルコの失意は深い。マルコを気遣うペッピーノの言葉も、もう耳に入らない。心配するフィオリーナにもつらく当たってしまう。「いくら探したってお母さんはもういやしない、僕は何かに呪われているんだ」と言って泣き崩れるのだった。

詳細

第35話 おかあさんのなつかしい文字

108ポイント 購入する

第35話 おかあさんのなつかしい文字

108ポイント 2日間 25:47

失意の中、街をさまようマルコは、浮浪者のエステロンと知り合う。彼はマルコの話を聞き、マルコに一通の手紙を渡す。それは、なつかしい母の手紙だった。さらにエステロンは、母が今、ブエノスアイレスで働いているはずだと教えてくれたのだ。

詳細

第36話 さようならバイアブランカ

108ポイント 購入する

第36話 さようならバイアブランカ

108ポイント 2日間 25:47

母の消息が分かった今、マルコとフィオリーナの別れの時は近い。エステロンは炭鉱で働く事を条件に、マルコの旅費を確保してくれていた。実はエステロンこそ、マルコの叔父・メレッリだったのだ。エステロンは、ペッピーノに本当の事を告白した。

詳細

第37話 はてしない旅へ

108ポイント 購入する

第37話 はてしない旅へ

108ポイント 2日間 25:46

ブエノスアイレスに着いたマルコは、メキーネスさんの家を訪ねるが、そこにはまたも母の姿は無かった。3か月も前にコルドバへと越してしまっていたのだ。マルコは、エステロンから困った時に訪ねる様にと言われていた、ファドバーニの元へ行く。

詳細

第38話 かあさんだってつらいのに

108ポイント 購入する

第38話 かあさんだってつらいのに

108ポイント 2日間 25:47

マルコはファドバーニの尽力により再び船で旅する事になった。出航の前に母の働いていた家に行ってみる事にすると、そこでは意地悪な女主人が、連絡など無いとマルコに辛く当たる。だが逆に、ここで1年も働いていた母の我慢強さを知るのだった。

詳細

第39話 ばら色のよあけロサリオ

108ポイント 購入する

第39話 ばら色のよあけロサリオ

108ポイント 2日間 25:47

マルコは、ロサリオへと向かうアンドレア・ドリア号に乗船する。船長・アレクサンドルが、マルコがタダ乗りの客である事を知って怒りだす。だが船長は、マルコがジェノバっ子である事を知ると、自分もそうだととたんに親切になるのだった。

詳細

第40話 かがやくイタリアの星一つ

108ポイント 購入する

第40話 かがやくイタリアの星一つ

108ポイント 2日間 25:48

ロサリオに到着したマルコはバリエントスの屋敷に向かったが、彼は不在で門前払いをくらってしまう。だがマルコは偶然フェデリコ爺さんと再会する。フェデリコはコルドバまでの汽車賃を、イタリアから働きに来ている酒場の皆から集めてくれた。

詳細

第41話 かあさんと帰れたら…

108ポイント 購入する

第41話 かあさんと帰れたら…

108ポイント 2日間 25:48

マルコはコルドバ行きの切符を手に入れた。偶然席を隣り合わせた子供連れの婦人は、はるばるイタリアから旅をしてきたマルコに感心する。マルコは婦人に憧れ続ける母の姿を重ね合わせ、今度こそジェノバに2人で帰るという想いを一層募らせた。

詳細

第42話 新しい友達パブロ

108ポイント 購入する

第42話 新しい友達パブロ

108ポイント 2日間 25:48

せっかくコルドバまでやって来たのにメキーネスさんは1ヵ月前に引っ越した後だった。途方に暮れて夜の町をさまようマルコが出会った少年・パブロ。パブロはマルコを見るや激しく蔑んだ。喧嘩になる2人だったが、奇妙な親交が茅生えるのだった。

詳細

第43話 この街のどこかに

108ポイント 購入する

第43話 この街のどこかに

108ポイント 2日間 25:48

マルコはメキーネスの家の前に自分の所在を書いた看板を用意する。その甲斐があってか、3日待てば連絡が来ると聞き、大喜びするマルコ。しかもパブロがメキーネスの家を見つけたというのだ。突然の話に戸惑いながらも、メキーネスの家へと向かう。

詳細

第44話 ファナをたすけたい

108ポイント 購入する

第44話 ファナをたすけたい

108ポイント 2日間 25:48

やっと訪れたメキーネスの家。しかし、そこはメキーネスの従兄弟が住む家だった。落胆するマルコだが、トゥクマンに当のメキーネスは住んでいると聞かされる。パブロの家では妹・フアナが高熱で苦しんでいた。彼女を救いたい一心で……。

詳細

第45話 はるかな北へ

108ポイント 購入する

第45話 はるかな北へ

108ポイント 2日間 25:48

トゥクマン行きの貨物列車へ無断乗車を試みるマルコ。しかし運悪く車掌に見つかってしまう。その時、パブロが飛び出し、車掌の気を逸らした。その間に貨物列車は無事出発しマルコはパブロの犠牲のもとに旅立つ事ができた。しかしアメディオが…。

詳細

第46話 牛車の旅

108ポイント 購入する

第46話 牛車の旅

108ポイント 2日間 25:48

貨物列車から放り出されたマルコは牛車に乗り、新たに北への旅路を踏み出した。ところがマルコは長旅の疲れから遂に倒れてしまう。薬や商隊の若者・マヌエルのおかげで何とか復調するが、その間に男たちがアメディオをいじめて楽しんでいた。

詳細

第47話 あの山の麓にかあさんが

108ポイント 購入する

第47話 あの山の麓にかあさんが

108ポイント 2日間 25:47

マルコは「ばあさま」と呼ばれるロバを譲って貰い、いよいよトゥクマンへの道を辿り始めた。途中一夜の宿を求めて立ち寄った家の婦人から、遥か彼方に見える山の麓にトゥクマンがあると教えられ、マルコの胸は一層高鳴るのだった。

詳細

第48話 ロバよ死なないで

108ポイント 購入する

第48話 ロバよ死なないで

108ポイント 2日間 25:48

少しも山に近付かない不安からマルコはばあさまを急がせるが、ばあさまの足はなかなか早まらない。そして、あと僅かでトゥクマンという時に突然ばあさまが倒れ、とうとう死んでしまう。マルコはばあさまを急がせた事を後悔し、涙に暮れる。

詳細

第49話 かあさんが呼んでいる

108ポイント 購入する

第49話 かあさんが呼んでいる

108ポイント 2日間 25:17

マルコは徒歩の旅を続けた。そんな中で靴が破れ、無理を押して歩いたマルコは指の爪を剥す怪我を負ってしまう。そんなマルコを降り出した雪が苦しめ、とうとう雪中に倒れ込んでしまう。幻想の中、温かい母に抱かれ、幸せいっぱいのマルコ。

詳細

第50話 走れマルコ!

108ポイント 購入する

第50話 走れマルコ!

108ポイント 2日間 25:18

親切な老人の馬車に乗せて貰う事が出来たマルコは快適な旅路を辿り、やっと念願の地・トゥクマンへと到着した。メキーネスが働く工場を訪ねたマルコだったが、そこで母が病の床に伏している事を聞いて愕然とする。

詳細

第51話 とうとうかあさんに

108ポイント 購入する

第51話 とうとうかあさんに

108ポイント 2日間 25:17

マルコはメキーネスの農場を目指して駆け続けた。駆けて、駆けて、 駆け抜けて、やっとの思いでマルコは憧れ続けた母さんに巡り会った! 長い旅の間に膨れ上がったマルコの熱い想いは、衰弱し切った母を死の淵から呼び戻す奇跡を呼び起こした!

詳細

第52話 かあさんとジェノバへ

108ポイント 購入する

第52話 かあさんとジェノバへ

108ポイント 2日間 25:08

ようやくマルコは大好きな母さんと共にジェノバへと帰る日を迎えた。これまで世話になった人々、そしてあのフィオリーナたちとの再会を繰り返しながらの帰途。こうしてマルコの長い長い旅は終わりを告げ

詳細

キャスト

製作年 1976年 製作国   日本

これもチェック

 母をたずねて三千里を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001