サリーとジュリアの代わりに一人で孤児院を訪れたジュディは孤児院のランバート先生と出会い、自分が孤児の時に経験した惨めな出来事を思い出す。ランバート先生はジュディに孤児という厳しい現実から目を背けず、生きていくことの大切さを語る…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001