ある日、ロッタはカトリにもっと遠いところで働いても大丈夫か、と訪ねる。ロッタの考えは屋敷や農場をビリヤミ夫婦に譲り、カトリを連れてトゥルクの父の屋敷に移る、というものだった。学校にも通わせてもらえると聞いて感激するカトリ。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001