今までの家庭教師たちのように、マリアも自分たちを利用してトラップ男爵に気に入られようとしているとヴェルナーは言う。事情を知ったマリアは、子供たちに今まで自分の暮らしや出会った人たちの事を話して聞かせる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001